ブラックリストの体験談 ~俺、ブラックリストですけど何か?

はじめてのブラックリスト

クレジットカードの支払いやキャッシングの返済が遅れそうになってきたら気になり始めるのがブラックリストの存在。

そこに登録されると、もうカードが使えなくなったりお金が借りれなくなる名簿のようなものを想像しちゃいますよね。

しかし実際にはそういった名簿(リスト)そのものが存在するわけではありません。クレジットカード会社や信販会社、消費者金融の顧客情報が集まる信用情報機関というところがあるのですが、そこに長期の延滞や債務整理を行った場合にのみ登録される事故情報というものがあります。

この事故情報こそが「ブラックリスト」の役割を果たすものなのです。

ここではまず信用情報とそれを管理する信用情報機関について説明していきましょう。

まず信用情報とは何でしょうか。

それは、クレジットカードやキャッシングの申込み・契約をすると記録されるデータです。

データの項目としてあるのが個人情報(氏名・住所・勤務先など)そして、実際にカードやキャッシングの利用をはじめると毎月の利用状況(借入・返済)の記録が登録されることになります。

これらの情報の総称を信用情報と呼んでいるのです。

そして、この信用情報は各カード会社や消費者金融がそれぞれ保有しているのとは別に信用情報機関というところにも伝えられることになっています。

ですので、信用情報機関ではカードやキャッシングを利用している人の全ての人の情報が集まっていることになります。

日本では日本信用情報機構、CIC、全国銀行個人信用情報センターという3つの信用情報機関があります。

ここで一括管理されるだけでなく、加盟会員である消費金融等はその情報を閲覧することもできます。ですので、長期の延滞や債務整理をしたりするとその会社だけでなく他の消費者金融やカード会社にも知られることになるのです。

結果、まるでブラックリストに登録されたかのように、新規で申込みをしたとしても審査に落とされ続けられるようになるのです。