借金地獄へと転がり始める。

自衛隊の転勤を機に、キャバクラへとハマり始める
当時の月給税込み18万円の人間が、1日に20万とかを平気でキャバクラで使っていた。 あっという間に極度額到達。

次に手を出したのはレイク。
当然極度額まで使い込み、一瞬で足りなくなってしまう。

ここで驚くべきことが起きる。
次に行ったのがプロミス。
ただここでは審査が30万円しか下りなかった。

当時の金融屋は変わっていて、一度借り入れした現金を全て受け取る仕組みになっていた 実際に手の平の上に置かれる30万円の感覚。

「必要額だけをお取りいただき、残りはあちらのATMで返済してください」

実際30万円を握ってしまえば・・・
意志の弱い人間に返せるわけもなく、ATMを素通りし夜の街へと出て行ってしまう・・・

この時点で借金130万円。
毎月の返済金額は

  • アコム15000円
  • レイク15000円
  • プロミス9000円

レイクが追加融資を!

そんなある日レイクより電話がかかってくる。
「○○様、返済が優良ですので極度額を増額します」との電話。
プロミスで30万円だった不満をから突然の電話。

もちろん即答で「お願いします」

「いくら増えんの?」

「70万円になります」

「すぐ契約に行きますw」

実はこの追加融資というのは罠だったんだが
それに気づくのはもう少し後だった。

借金150万円、約定額45000円。
この時点では滞りなく優良な返済を続けていた。
借金は全てキャバクラに溶けていった

なんて楽しい人生なんだ、毎日キャバクラで豪遊三昧。
たった月々3~4万の返済でこんなに楽しい生活ができるのかと。

  • 金は借りなきゃ損だ!!
  • 借りないヤツはアホだ!

とまで思うようになっていた。