借金取りが自宅に来たときの対応方法

ドンドンドオン!うぉい!開けろー!
借りたモンは返さんかーい!!

と言った様な事は今はできません
取立てにも法律はあるらしく、曖昧ですが

  • 午前9時から午後7時までしか訪問してはいけない。
  • 近隣にバレちゃうような取立てをしてはいけない。

なんかこんな法律があるようです。

Q.取立てが家にきたら?

A.会います

先程の電話と同じで逃げると必ず不利な状況になるので、必ず会うようにして、

『来てもらってなんなんですが、今手元にお金がないんですよねー』

まぁ後は電話と同じで、「いつなら・・・」「いくらなら・・・」という話で終わります。

どうせ向こうはICレコーダーを仕込んでるので、『払いたい気持ちはあるんですけどね・・・実際ないんですよ、どうしたらいいですかね?』と返済意思だけは示しておきましょう
この辺りは電話と同じ対応で。

するとハードルがどんどん下がっていき、1000円とかでも無理ですか?という話になる。
一旦はこれで引き下がってくれます。

しかし払わない。

するとまた担当の人が来て

「どうですか?」

『いま無職なんですよねー、食費もないんですよ、新たに貸してもらえないですか?』

「それは無理ですよ」

『ですよねー・・・もう死ぬかも』

実際取り立てに来る人もサラリーマン。
自分の身銭を貸しているわけではないので、そんなに深くは取り立ててこない。形式どおりのことをするのみである。

むしろ、

「ドーン!こるぁ!金かえさんかい!!
生命保険かけて埋めてまうど!」

くらい言ってくれれば、逆に警察に駆け込めるんだけどねー。